チェンライ旅行(2021年12月)1日目(前泊+1日目)

未分類

12月の三連休を利用してCさん家族と一緒にチェンライへ。2020年にチェンマイに旅行し、ビーチリゾートとは別のタイの魅力を知り、ずっと行きたかったチェンライ。11月にマンダリンに宿泊し、年末年始はピピ島旅行を控えていたので旅行が連続し、チェンライは2022年に延期しようか迷ったものの、チェンライが12月がベストシーズンであることと、タイ政府が開国に舵をきったことでコロナが2022年からは増加し旅行が難しくなることを想定して旅行を決断。飛行機がうまく予約できずにCさん家族より1日早くチェンライに到着し、1日目はチェンライ市内のホテルへ我々のみで宿泊。

朝食を近くのカフェで済ませ、チェックアウトしてCさんと合流する為にチェンライ空港へ移動。空港に向かう途中、チェンライのあまりの寒さに妻がユニクロで長袖を購入、朝晩の寒さは想像以上でした。

空港で合流し、まずは昼食へ。今回はCさんがバンと運転手を二泊三日予約してくれたので、移動はスムーズだった。昼食は運転手お勧めのカオソーイ屋さんへ、確か名前はカオソーイメーピン。ビールとカオソーイを平げ、ワットロンスアテン(通称青い寺)へ移動。インスタ映えするお寺でした!

続いてワットロンクン(通称白い寺)へ移動して写真撮影をたくさんし、有名なカフェへ移動。カフェの名前は覚えていないけれど、欧米人がオーナーで店作りが非常に上手で、人が絶えず入っていた。

チェンライ市内の有名な時計台へ移動。想像と少し異なったものの、写真撮影を済ませ、夕食はタイローカルの焼肉屋さんへ。夕食場所を色々と調べていたものの、みんな疲れていてたまたま通った焼肉屋が美味しそうだっったのでそこで焼肉を頂きました。

そのあとは楽しみにしていたナイトバザールへ移動。チェンマイのナイトバザールと比較すると非常に小さく、楽しみにしていただけに残念。僕はパーカーをナイトマーケットでゲット。

ホテルはチェンライ市内から北へ45分ほど行ったところのホテルを予約しました。コロナ禍でないと絶対に泊まれない人気のホテルで、このホテルには二度と来れないだろうな、と思うほど良いホテルでした。チェックインは8時を過ぎており、部屋に戻ると無数の星が。。バルコニーが非常に広く、タイ人はバルコニーで夕食を取りながらワイワイ楽しんでいた。