2021年ピアノ発表会

2021年3月7日
未分類

先週子供達のピアノの発表会がありました。うちは姉妹で、長女が9歳、次女が7歳です。今年はパプリカを姉妹で連弾するということで親バカながら非常に楽しみにしていた。コンサート会場はMBK近くの芸術センターで朝11時からリハーサルの為に会場入りし、終わったのは6時頃で本当に疲れた、けれど楽しかった。朝はリハーサルをして、午後1時から本番スタート。本番は1部、2部、3部とあり、1部が幼稚園児、2部が小学校低学年、3部が中学年以上、という形でうちは次女が1年生なので2部から登場。次女はソロでミスなく堂々と弾いていた。次女はピアノで絶対に長女以上に上手くなる、と決意を持っているからか上達スピードが非常に速い。やはり下の子は上を見てなんでも取り組むから上達が速い。そして次女の特徴は自信に満ちていること、たまにその自信の根拠がどこからくるのかわからないけれど、今回も自信に満ち溢れていた。

次女の発表が終わり、2部が終了した。3部までの休憩時間は10分だった。3部では長女のソロとパプリカの姉妹連弾があることは知っていたが、詳細のスケジュールは実は把握していなかった。休憩時間にトイレに行き、戻ろうとしたら会場入り口で現在一人目が弾いているので終わったタイミングで入ってください、と言われる。一人目が終わったタイミングで入ると長女がお辞儀をしているのが見えた、長女はなんと3部の一人目だった。今回の発表会にはありがたいことに友人家族が4家族も見にきてくれていた。そのうちの二家族は下の子が1歳、2歳と小さく、うるさい時にすぐに外に出れるよう入り口付近で見ていた。なので僕が会場に入る際、「あれ?え?なんで、見てないの?」と言われてしまった、しかも妻の友人の女性に。。僕も「えっ、一番目なの??」と焦る。妻にバレたら殺される、と思い会場内に入ると録画を終えた妻と目があった。妻は僕が入り口近くで見ていたものと勘違いし、気づいていない。頭の中ではほっとした自分もいれば、そんなことでほっとする俺はなんて小さい男なんだ、そして長女の努力をみずに最悪な父親と思った。僕が長女のソロを見ていないことを知っている友人家族の二人(一人が妻の仲良しの女性、もう一人は僕の仲良しの男性)は我が家を考慮して、妻には内緒にしておくらしい、なんて出来た人たちなのだろう。長女のソロは妻の撮影した動画で確認したが、ミスなく完璧に出来ていた、お辞儀をする際に完璧に出来た自分を褒めるかのように満面の笑顔を見せた長女、尚更直接見れなかった自身を責める。。二度とこんなミスはしないからね!!

ソロは長女も次女も完璧だったものの、連弾のパプリカは序盤からミスが出てしまった。ずっと頑張って練習しているのを見ていた為、録画しながら頑張れ、と思わず言葉が出そうになる。序盤は互いのリズムが合わず、苦労していたが最後の方には持ち直ししっかりと弾いていたので流石だなと思った。自分だったらパニックになり、演奏をやめてしまいそうだけど、最後まで諦めずに頑張る子供の姿に感動しました。

コンサート後は5家族20名で近くのソンブーン本店に行き食事会をしました。お忙しい中コンサートに来てくれた友人家族には本当に感謝、子供達は最高な友達に恵まれて幸せそうだった。